精密機器を支える日本の工場

下町の工場の特徴と強み

精密機器の定義は実はとても曖昧です。
昔は時計やカメラ、オルゴールなど複雑で精巧な作りの製品のことを精密機器といいました。ですが、現在では電子制御されている製品なども精密機器の一種となっています。

例えば、パソコンやテレビ、冷蔵庫も精密機器です。 それだけにとどまらず、医療機器で使われている超音波診断装置やX線透視撮影装置、CTやMRI。 工場で使われる精密工作機械や精密測定機なども含まれています。

一番身近にある精密機器といえばスマートフォンでしょう。
その本体の中に非常に多くの精密機器が使われています。 現在位置を把握するためのGPSセンサー、スマホが縦向きか横向きかを判断する加速度センサー、VRやARゲームなどに使われるジャイロセンサー、それ以外にもたくさんの精密な部品によってスマートフォンは作られています。

また、一人一台と言われるようになった自動車も色々なところにセンサーが使われていたり高精度な部品がたくさん使われていますので、精密機器と言われています。

このように、私達の生活の中の様々な場所に使われている精密機器ですが、実はその製品には日本の下町の工場が深く関わっています。

今日の日本の製造業では、国内で生産していた製品を海外工場に移転してコストを抑えるといった流れもあります。ですが実際のところは、非常に精密で精度の必要な製品に関してはまだまだ日本の技術力無しには安定して供給するのは難しいのです。

このサイトでは、下町の工場がどのように精密機器の製造を支えているかをまとめていきます。

精密機器の種類と製造業

私達の生活を様々なところで支えている精密機器ですが、この精密機器を作っているのはメーカーの力だけではありません。 一つの精密機器が作られるまでにたくさんの下町の工場が関係しているのです。 そんな町工場がどのようなところなのかをまとめていきます。

日本の下町の工場と海外の下請け工場の違い

最近大手メーカーが海外に生産拠点を移すとといったことがよくありますが、まだまだ国内で製造されている物もたくさんあります。 それは、海外に生産拠点を移した場合のメリットデメリットが関係しています。 そのメリットデメリットと町工場がどのような関係にあるのか確認していきましょう。

新しい製品を作るために必要な「試作」

メーカーでは常に従来品を改良した製品や、新しいコンセプトの新製品を開発する必要性があります。 その際に必ず必要になるのが「試作」というものです。 メーカーが新製品を作ってもなんの性能もわからない状態では、その製品は買えないですよね。 ここでは、町工場がこの「試作」にどのように関わっているかをまとめます。