精密機器を支える日本の工場

精密機器の種類と製造業

下町の工場の特徴とは?

下町の工場と聞いて皆さまはどのようなイメージをされるでしょうか?
もしかしたらドラマ「下町ロケット」のような工場のイメージを持つ方が多いかもしれませんね。

下町の工場には「下町ロケット」のように自社製の製品を作っているところもありますが、多くはメーカーから部品図面をもらいその指示通りに部品を作る加工業です。
このような下町の工場の特徴として「専門の加工分野に非常に強い」ということが挙げられます。

例えば金属加工だけでも旋盤加工、フライス加工、マシニング加工、研磨加工、放電加工等など様々な加工分野があります。
下町の工場は少人数ですが、そういった専門分野の加工に特化していくことによって大手メーカーから仕事の依頼を受けています。

専門分野に特化することのメリットとは

下町の工場では、専門分野に特化していくことにより非常に精度の高い製品や品質のよい製品を作ることが可能となります。
これは、品質にうるさい現代にとってはとても大事なことで、大手メーカーも最優先事項としているでしょう。

また、量産される製品の場合はどの程度安定して供給できるかも非常に重要なところとなります。
例えば、たまたまその時は品質よく作れたとしても、次回は失敗してしまうようなところではメーカーも安心して仕事を依頼できません。

その点、下町の工場ではそのメーカーの量産に対して特化していきますので、必然的に品質もコストも安定します。
ですので、メーカーとしてもリスクを負うことなく仕事の依頼を出すことができるのです。