精密機器を支える日本の工場

日本の下町の工場と海外の下請け工場の違い

日本の下町の工場と海外生産の違いとは

最近では大手メーカーの生産拠点の海外移転など、国内の仕事が海外に出ていく話をよく耳にするかと思います。
実際、バブルの時代に比べて日本国内の加工業の仕事量もだいぶ減っています。
ですが、今でも日本の下町の工場で加工されている製品もたくさんあります。
では、海外と日本の工場ではどのような違いがあるのでしょう。

まずは海外の工場ですが、こちらのメリットはなんといってもコストでしょう。
同じ規模の工場で同じ人数の労働者がいた場合、海外と日本を比べると人件費や土地、工場の維持費などをかなり抑えることができます。
価格競争の厳しい現代では、少しでも費用を抑える必要性があります。
現在はアジアの人件費などもかなり高くなってきているので、中国工場などは別の国に移転するといったことも出てきていますね。

日本国内では物価が高いこともあり、人件費などはどうしても高くなってしまいます。

なぜ国内の仕事が無くならないか?

日本国内の仕事は全て海外に出てしまうのか?と思う方もいらっしゃると思います。

前述したとおりコストでは海外に対抗するのはなかなか難しくなっていますが、それだけでは日本国内の仕事は無くならないでしょう。
その理由は海外の工場のデメリットと関係しています。

海外の工場のデメリットとは、「管理の難しさ」にあります。
その一番の理由は、言語の違いというのが非常に大きな壁となります。
加工業は言葉で伝えるのが非常に難しい仕事です。ちょっとしたニュアンスの違いなどで加工が出来なかったり、不良品を作ってしまうといったことはよくあることです。
ですので、海外の工場では製品の品質を上げるのにとても時間がかかるのです。
また、要求される精度によっては海外では加工出来なかったということもあります。

その点、日本の下町の工場ではすでに加工のノウハウがしっかりと確立していますので、今の時代の高精度で高品質の加工にも対応できます。