精密機器を支える日本の工場

新しい製品を作るために必要な「試作」

製品の性能を確かめるための「試作」

皆様は新製品を購入する際に、どのような点に気をつけて商品を選ぶでしょうか?
しっかりとその製品の性能や価格、使用方法や注意事項などの確認をされると思います。
その時に確認される性能と「試作」には重要な関係性があります。

大手メーカーは既存製品の改良版や新製品の開発を常に行っています。
その際の合格ラインとして、目標の性能数値を設定してあります。
ですが、いきなり製品を作ってもそれが目標の性能数値に達しなかった場合、多きなロスになってしまいます。

ですので、まずは「試作」することにより目標の性能数値に達することができなければ、設計変更や材料の見直しなど改良を加え目標達成を目指します。
その後に製品の製造に移ることで、無駄なく質の高い製品を作っていくのです。

「試作」と日本の下町の工場の関係

メーカーが「試作」をする場合、製品の仕様を決めたりするために行われますが、その段階でたくさん作ってしまうとロスになってしまいます。
ですので、「少量」だけ作りテストを繰り返し行うことで製品の仕様を決めていきます。
この「少量」というところがとても重要です。

メーカーで製品の製造をする場合、多くは生産ラインを自社に設備しています。
その生産ラインは既存の製品を生産するために用意されたものですので、日々の生産に使用されていますし、そもそも大量生産をしていかないと設備の償却も出来ません。
ですので、「試作」用の設備が必要になってきますが、その設備も非常に高い機械ですので簡単には導入できないのです。

そこで、「試作」加工を下町の工場に依頼するといったことがよくあります。
下町の工場でも、「試作」をメインの仕事としている工場がありますので、自社で作るよりもコストや品質面で優位なことが多いのです。